ホーム > 各種ケガ・スポーツ障害症状

各種ケガ・スポーツ障害症状

急な痛みなどですぐに治療を受けたい方

ぎっくり腰や寝違えなど、突然の「強い痛みを感じている方」、

スポーツの際に「足を捻ってしまった方」や

「お子様の肘内障」など、どうしていいかわからない・・・

などでお困りの方は、お電話にて磐田市見付の「みつけファミリー接骨院」までご連絡ください。

ご予約して頂きますと来院後、より素早く対応させていただきます。

ホームページを見ながらお電話いただいている場合は、このページの下層部分に部位別の症状が掲載してありますので今の症状に近いものをお知らせください。

首の痛み

寝違え

首の痛み

朝目覚めた時、首に激痛が走って顔が動かせない・・・ このような状態をいわゆる「寝違え」と呼びます。

誰でも経験したことがあると思いますが、不自然な姿勢や疲労が蓄積した時など、首に無理な負担がかかった状態で寝てしまった時によくおこります。


当院での治療方法

痛みの激しい時、筋肉は固く張り炎症を起こしています。最初に、アイシングで固く張った筋肉の緊張をとり、炎症が落ちついたら固まった関節や筋肉を元の状態に戻していきます。症状にもよりますが、超音波治療(ハイボルテージ)や微弱電流、手技療法にて治療を行います。最初に適切な処置ができていればだいたい2~3日から1週間で症状は治まります。

むち打ち

自動車や自転車による交通事故や、激しいスポーツによる衝突により、首の周辺部分(首の関節や靱帯 、筋肉など)に損傷を受けて起きる諸症状のことを言います。

むちうちの症状はとてもやっかいで、受傷直後の検査では異常が認められず自覚症状も無かったのに、事故後数日~数週間して症状が出てくる場合がよくあります。

症状としては、頭痛、めまい、意識障害、目のかすみ、耳鳴り、難聴、背中の痛み、腕の痛みやしびれ、腰痛など様々です。


当院での治療方法

痛みや痺れなどの原因が、骨盤の歪みや背骨のずれにある場合、全身の筋肉バランス調整を行います。直接関節にアプローチすることで、筋肉の緊張や、しこりなど緩和させていきます。患者様一人ひとりにあった治療(症状に合わせて最新電気治療、超音波、運動療法、整体、リハビリ、テーピング、ウォーターベッドなど)を行うことで大きな成果を生んでいます。

肩の痛み

四十肩・五十肩

肩の痛み

ある日、腕を上げようとしたり手を後ろへ動かそうとすると、肩の周辺に激痛が走るようになり、今では、動かしても動かさなくても肩が痛い・・・・

この症状を感じたら、間違いなく四十肩・五十肩でしょう。

40代で肩が痛くて上がらない症状が出たら、それを四十肩と呼び、50代でこの症状が出ればそれを五十肩と呼びます。

医学的には【肩関節周囲炎】と言いいますが、原因は未だにはっきりわかっていません。

治療期間は長い人で1年ぐらいかかる場合もありますが、早い人で3ヶ月~半年くらいです。

放っておいても痛みが和らいでいく事がありますが、肩の動きは元通りにはなりません。

適切な治療を受けることが必要です。


当院での治療方法

四十肩・五十肩の治療方法は、急性期や慢性期などの時期や症状によって異なります。急性期においては激しい痛みと炎症を抑える為、運動等を中止し関節可動域に制限をかけ超音波治療を行います。慢性期では、関節の炎症が再発しないように注意しながら可動域訓練を行っていきます。治療期間は一年くらいと言われる場合が多いですが、適切な治療を行った場合約半年ほどで痛みが緩和されることが多いです。

慢性肩(首)コリ

現代病とも言われ、女性の自覚症状の中で一番多いのが、肩こりと言われています。

パソコン作業での同じ姿勢や悪い姿勢、運動不足による日常生活での習慣や環境により発生すると言われています。

単に首や肩のコリだからと言ってそのままにしておくと、頭痛の他にも、嘔吐や睡眠障害など様々な症状が出てくることがありますので早めの治療を受けましょう。


当院での治療方法

姿勢や疲労からくる「慢性の肩こり」なのか、「首や肩などに他に原因がないか」視診・触診・検査をしっかり行い症状に合わせた施術を行います。電気療法や温熱療法を中心とした施術を行いますが、肩甲骨周囲の凝り固まった筋肉などは超音波治療が大変効果的です。これ以上症状を悪化させない為には、原因となる生活習慣を見直し改善していくことが大切です。

腰の痛み

ぎっくり腰

腰の痛み

顔を洗おうと中腰になった時や、荷物を持ち上げようとした時など、何かの拍子に突然腰に激痛が走ることがあります。

このような激しい痛みが突然腰を襲い、動けなくなる症状を「ぎっくり腰」といいます。

欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。

ぎっくり腰の正式名称は、【急性腰痛症】といいます。

症状にもよりますが、重症ですと歩行は困難になり、横になって姿勢を変えた時や、くしゃみや咳をしただけでも激痛が走ります。

2日くらいは安静にし、少し動けるようになったら早めに受診しましょう。


当院での治療方法

ぎっくり腰の治療は、初回の問診・テストで原因を特定し治療法を決定します。多くの場合、骨盤か股関節になんらかの問題がある為、骨盤と股関節の歪みを整えた上で腰の施術に入ります。来院の際、歩けない状態だった患者様でもご自分で歩いて帰って頂けるなど、当院の得意分野でもあります。

椎間板ヘルニア

よく「ヘルニア」という病名を聞くと思いますが、正式名称は【椎間板ヘルニア】といいます。

椎間板ヘルニアは年齢が若くても発症することがあり、原因としては椎間板が20歳を過ぎた頃から少しづつ弾力が失われていくことにあります。

椎間板ヘルニアになると、腰痛や坐骨神経痛に悩まされ、重症の場合ですと歩行障害や排尿障害になることもありその時は手術が必要とされます。

しかし軽傷の場合は、数カ月の間に治癒してしまう事の方が多いと言われ、3ヶ月で約60%の人に、痛みが改善されたとの報告がされています。

保存療法を行いながら軽いウォーキングや水泳などを行い、まず日常生活を見直すことが大切です。


当院での治療方法

まず、なぜヘルニアになったのか?という原因に着目します。日々の生活で偏った姿勢を続けていたり、仕事で車の運転を長時間強いられるなど様々な要因が上げられます。背骨の矯正や牽引、超音波などで治療を行いますが、急性の場合安静にしていれば、約2週間ほどで痛みは改善していきます。当院ではその症状を見極め、患者様一人ひとりに合わせた、治療方法を提供していきます。また、ご自宅でも早期改善を目指せるよう負担のない体操指導もしております。 

膝の痛み

変形性膝関節症

膝の痛み

立ち上がる時や歩行時、階段昇降時など膝に体重がかかる時に痛みが生じたり膝の曲げ伸ばしの制限や、膝に水が溜まったりして症状は様々です。

変形性膝関節症は、クッションの役割をしている軟骨(半月板)の摩耗や骨の変形、筋力の低下などが原因となり主に50歳代で発症し、65歳以上で急増します。

特に女性に多く見られ、60歳以上の4人に1人は膝関節に何らかの変形が見られる様です。

適切な治療を受けることにより、痛みの軽減と発症や進行を遅らせることができます。


当院での治療方法

痛みの原因となっている炎症を、微弱電流で軽減させてから体の歪みを整え、大腿骨と脛骨のバランスを元の状態に戻していきます。個人差がありますが、早い人では1~2週間ほどで動きを取り戻します。しかし、一度すり減ってしまった関節は、もとの完全な形に修復されることはありません。その場合は、痛みを抑え膝の「曲がりきらない・伸びきらない」状態を改善して、今までより膝の機能を向上させることを目標とします。また当院では、再発しにくい膝作りのための体操や指導、機能訓練を行っています。

スポーツ障害・外傷

みつけファミリー接骨院では、プロ・アマチュア関係なく、クラブ活動やシニア世代のスポーツ外傷や障害の治療に力を入れています。

お困りの方はまずご相談ください。

スポーツによるケガは外傷と障害に分けられます。

オスグッド病(成長痛)

オスグッド病

成長期の10~15歳くらいの小・中学生、特にスポーツをする少年少女によく見られ、サッカー、バレー、バスケットボールなど、「屈伸の動作」を過度に繰り返すスポーツをしている子供たちに多くみられます。

軽症であれば、スポーツの最中だけ痛み、安静にすると痛みは治まります。

基本的には運動を継続しながら治療を行いますが、症状が重ければ一時安静にすることをお勧めします。


当院での治療方法

オスグッドは初期段階において治療をしっかり行うことが大切です。当院では、超音波や手技療法で痛みの消失を行い、膝だけではなく、大腿四頭筋、大腿二頭筋など、膝関節に関連した筋肉にもアプローチをかけていきます。痛みが強く出ている場合、まれに運動を中止することをお勧めいたしますが、運動ができる場合は、十分なストレッチとサポーターをつけることでストレスを軽減させます。

シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症)

シンスプリント

膝の痛みを発症するオスグッドと症状がよく似ていますが、成人に多く発症し、陸上競技選手、特にマラソンランナーの半数はシンスプリントを発症していると言われています。

症状としては、運動の最中や運動後に、太腿部の内側に慢性的な疼痛と圧痛が症状として現れます。

原因は様々で、筋力の持久力がなかったり、ストレッチを十分に行わなかったり、硬い地面の上をランニングしたりがなどがあげられます。

練習量により、楽になったり痛くなったりの繰り返しで、最後には「疲労骨折」を起こしてしまう場合もあります。


当院での治療方法

痛みが激しく炎症症状がある場合は、アイシングを行います。炎症症状が収まったら、関節の動きを正常に戻すための治療を行います。その後は温熱療法や手技療法、超音波で治療をし、ふくらはぎの筋肉を緩めエクササイズなども行います。

野球肘・テニス肘(上腕骨内側上顆炎)

野球肘・テニス肘

過度に繰り返される投球動作や、ラケットでボールを打ったときの衝撃等が負担となり、肘関節の軟骨部分・靭帯部分などがダメージを受けて発症します。

正式な医学的名称は【上腕骨内側上顆炎】といいます。

スポーツには関係ない中年期の女性にも多く、家事などの労働でも発症します。

肘関節の曲げ伸ばしを繰り返す作業でも発症し、痛みで肘が動かせなくなることや握力の低下により手に力が入らなくなることもあります。


当院での治療方法

状況にもよりますが、痛みで日常生活に支障をきたすことが多い為、早めの治療が必要です。当院ではアイシングやハイボルテージ療法、超音波療法、ストレッチなどで治療を行っていきます。また、筋力アップや投球フォームなどを改善し再発しない身体作りに力を入れています。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

最近のマラソンブームもあり、ランナー膝(腸脛靭帯炎)に悩まされる方が多くなっています。

ランナー膝は、主に長距離を走るランナーに多く、膝の関節に衝撃が過度に掛かってしまうことで引き起こします。

正式名称は、【膝蓋大腿骨ストレス症候群】、または【腸脛靭帯炎】とも呼ばれています。

鈍痛のようなものから、どんどん圧痛になっていき徐々に歩いている時でさえ膝が痛むようになります。

ランニング前後のウォーミングアップやストレッチ、クールダウン不足や休養不足には十分注意しなくてはいけません。


当院での治療方法

ランナー膝はオーバーユースや、走行フォームに原因がある為、一時スポーツを休止し安静にすることが大切です。大殿筋・大腿筋膜張筋の筋緊張を電気治療やマッサージで緩和させ腸脛靭帯にかかるストレスを和らげていきます。当院では治療の他、ケガ再発防止の為に環境の見直しや、フォーム改善のご提案や練習方法などアドバイスもさせていただいてます。

肉離れ

肉離れ

スポーツの最中など、急な瞬発力を要する動作中に、筋肉の収縮と急激な過伸張ストレスが同時に加わった時、自分の筋力に耐えきれなくなって筋組織が断裂することがあります。

医学的には筋断裂、筋膜断裂などと言いますが、通称肉離れと呼ばれています。

肉離れを起こすと、痛みで歩くのもつらく、また再発(癖になる)することが多いため、注意が必要です。


当院での治療方法

肉離れの場合は、初期治療が大変重要になります。当院ではまず損傷部位を冷却し、超音波治療で損傷個所を回復させていきます。1週間ほどでハレや痛みもとれてくるのでその後はテーピングで固定し、リハビリで少しずつ慣らしていきます。





  • 当院の整体専門ホームページです!
  • 当院の交通事故治療専門ホームページです!

当院は磐田市見付の交通事故治療特化型接骨院です!

磐田市見付で交通事故治療を専門的に行っている接骨院です。交通事故による後遺症やむちうちでお悩みの方は是非、ご相談ください。病院や他の接骨院からの転院も受け付けております。

  • まずは、お電話下さい。電話番号0538-37-2924


  • 院長ブログ
  • スマートフォン版