ホーム > ブログ > 日々のこと

夏から秋へ

  • 2018年9月13日

こんにちは!

最近は朝晩冷えてきましたね。季節の変わり目を感じるこの頃です。。

皆さん体調は崩されてないでしょうか?

体が冷えると血流の流れが悪くなったり、そこからくる肩こりや首の痛みなどの

症状があります。少しでも症状がひどくなるまえにメンテナンスすることがとても大切なのです。

まずはお気軽にご相談下さい。

みつけファミリー接骨院いつでもお待ちしております。。


ストレートネックについて

  • 2018年8月 9日

ストレートネック

パソコンやスマホに長時間同じ姿勢(とくに下きの姿勢)で向かっていると、首の頸椎のカーブがなくなり、ストレートネックになりやすくなります。これは肩こり、背中の痛み、頭痛、目の奥の痛みなど、様々な不快感を生む原因となります。また、めまい、フワつく、吐き気、寝つきが悪い、眠っても途中で目が覚める、不眠、疲れが取れないなど不快な症状を併発することがよくあります。

パソコンもスマホも、今や私たちの生活にとっては必需品。しかし、スマホを使い続けることで、姿勢が悪くなり、首・肩、背中の痛みが出ている方がとても増えているのです。

私もこの数年間で、患者さんの症状の変化に驚きを感じていました。
今までは決して多くなかった、「スマホ首症候群」の方が急増しているからです。


3.11

  • 2014年3月11日
あの日から3年
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします
毎日、笑顔で友達と家族と大切な人たちと過ごせてることを当たり前とおもわず感謝して毎日過ごしていきたいと思います
そして、今という大切な時間を全力で過ごしていきたいと思います。
東日本大震災を忘れないように
過去にも現在にも未来にも責任をもち今できることをしていき
そして、支援の気持ちをもち続けていきます。
 
 
 

日光浴|д゚)

  • 2014年2月28日

今日はポカポカ陽気で気持ち良い一日ですね(^-^)

 

こんな日はお弁当を持ってお出かけしたくなりますニコニコ

 

この時期は決算などでお疲れの方も多く、朝起きてもスッキリしないという方が多く見受けられます。

そんな方に是非試して頂きたいのがこちら!!

 

 

 

 

晴れ毎朝起きたら太陽の光を浴びる晴れ

 

何故かって!?

 

こちらをどうぞ!!

 

 

体内リズムを整えるために大切なことは、毎朝起床したら太陽の光を15分以上浴びることです。

私達の体内時計は25時間周期で動いているとされ、何もしないでいると1日1時間ずつのズレが生じてきてしまいます。しかし、朝の太陽の光を15分以上浴びることで、あなたの体内時計がリセットされ、毎日正常な体内リズムで生活をすることができるようになります。

 

また、太陽の光を浴びることで、日中の活動に集中力を与え、脳を覚醒するセロトニンという覚醒ホルモンが分泌されます。

そして、このセロトニンが分泌されてから(脳が覚醒されてから)、およそ14~16時間後に、眠気を促すメロトニンというホルモンが分泌されるのです。自然な眠りにつくためには、メロトニンが分泌されてから3時間以内に就寝することが良いとされており、朝の6時に太陽の光を浴びれば20~24時頃に眠気が促され、質の高い睡眠をとりやすくなります。

 

朝の太陽の光を浴びることで、あなたは日中をより集中した状態で過ごすことができるようになるだけでなく、質の高い睡眠に必要な自然な眠気をもたらしてくれるようになります。是非、朝起床したらまずは太陽の光を浴びるように習慣をつけていきましょうニコニコ

天気の良い朝は是非お試しください!!

 

そんな時間無いよ~って方は15分早く起きましょうo(^-^)o

 

 

 

一日の始まりは

晴れ毎朝起きたら太陽の光を浴びる晴れ

 

これで決まりですo(^▽^)o

磐田市みつけ3776-2

みつけファミリー接骨院まで

体の痛み・不調のある方はお気軽にお電話ください。


二日酔い|д゚)

  • 2014年2月27日

皆さんは知ってますか?
お酒をたくさん飲むと体の水分量は増えてると思われがちですが、実はアルコールには脱水効果があるのです!


お酒を飲むとよくお手洗いに行きたくなるのはそのせいなんですよ♪


脱水状態は二日酔いに拍車をかけてしまいます。


なので、二日酔いを軽減するには寝る前にしっかりとお水を飲み体の水分量を保持しておくのがオススメです♪



女の子.JPG


後はウコンの力!(個人的に)


それとお酒は少量なら血流などが良くなり体に良いですが、飲み過ぎると動脈硬化を起こしたり、肝硬変になりやすいのでお酒の飲み過ぎには注意です!


体調管理|д゚)

  • 2014年2月26日

インフルエンザノロウイルスが流行っていますが、体調を崩していませんか?


実は、風邪やインフルエンザなど、病気を引き起こす感染症の多くは、“手”を介して体内に侵入することが多いと言われています。


例えば、風邪やインフルエンザの流行期には、ドアノブや電車のつり革など、様々な場所にウイルスが付着しています。


様々な感染症から身を守るためには、手からの侵入を遮断する「手洗い」がとても大切になるのです。


風邪やインフルエンザなどの感染予防のためには、頻繁に手洗いを行うことが何より大切なのです★


最低でも石鹸をつかって15秒以上洗うのが効果的だそうです。


もちろんうがいやマスクも忘れずに★



わたしは時々忘れますが気をつけたいと思います(^_^)


そしてそして今週の私はジグソーパズルを始めました。


花粉症|д゚)

  • 2014年2月25日

おはようございます♪

もう2月も後半ですね。本当に早いです!


みなさんは花粉症ですか⁈

この時期といったら花粉症に悩んでいる方も多いと思います。


今や4人に1人が花粉症らしいです。2月の中旬から3月の3週目までがピークみたいですが、まさに今ですね!!


今年は平年に比べると少ないみたいですが、花粉症の方はとても辛いですよね!


花粉症といえば、くしゃみや鼻水ですが、そのくしゃみが腰痛に影響することがあります。

そもそも、くしゃみとは鼻や口の穴から入ってきた異物(花粉やホコリなど)を体外に思いっきり吐き出す機能で、これをするのには実は思っている以上にすごい力が必要になります!


くしゃみは普段の呼吸を時速に換算すると10~20キロにもなるといいます。

しかし、咳は時速200キロ、くしゃみはなんと時速300キロに達するといいます(°_°)

口からそんな勢いで息が飛びだせば、かなりの負担が腰に加わり腰痛の原因なるのも納得ですね…



そこで、少しでもくしゃみの時に腰への負担を減らす方法です★



1.腰に手を当てる
くしゃみをする時に、腰の後ろから片手で押さえておいて屈曲を避ける事で、くしゃみによる腰への負担を減らすことができます。


2.何かに手をつく
くしゃみをする時は立っている姿勢が多いので、何かに手をついてくしゃみをする事で、手をつく行為が体重を分散させて腰への負担を軽減させることができます!



今腰痛で悩んでいる方も、ひどい花粉症の方も簡単にできると思うので参考にしてみて下さいね(^^)/


みつけファミリー接骨院のブログです。

  • 2014年2月 3日
ホームページ開設に伴い、ブログを始めます。
 
当院は地域のかかりつけを接骨院をめざし、乳幼児から高齢者の方まで安心してご来院していただけるよう患者様とのインフォームドコンセント(施術方針の説明と同意)を第一に考えております。
 
DSC_7519.jpg
 
部活動に励むお子様からトップアスリートまでスポーツによる様々なケガの症状に対応します。
 
肩痛・腰痛・膝痛・スポーツ外傷・交通事故・捻挫・打撲・脱臼・肉離れ・骨折後の後療法やその他、お体の悩みなどお気軽にご相談ください!
 
みつけファミリー接骨院を今後ともよろしくお願いいたします。

1