ホーム > ブログ

姿勢矯正について

  • 2017年8月16日
ご自分の姿勢が悪いと思うときはありますか?コンプレックスを抱え、姿勢矯正を考える方も多いのではないでしょうか。特に背中が丸まって猫背になると、カラダのあちこちに痛みが出たりします。
 
日々の生活の中で変化していく姿勢。その矯正とひとことで言っても方法は様々
・姿勢が悪くなる原因
・日常生活の中で解決できる方法
・改善した方が良い姿勢のパターン 
・片脚に体重をかけて長時間立つ癖がある
・座っている時に脚を組む
・ずっと携帯やパソコンの画面をのぞき込むように見る
 
姿勢の矯正は
・筋肉の張りをほぐすこと
・正しい姿勢を意識すること 
・正しい姿勢かどうかを評価すること
以上の3点が重要です。そのうえでご自身にあった方法を選択して継続して行うことがとても大切です。今回ご紹介した上記の方法を試し、ぜひ正しい姿勢を身につけてください。

骨盤矯正について

  • 2017年6月30日
出産時は、産道を広げるため、骨盤が最大限に広がります。
そのため周りの筋肉や靭帯に負担がかかり、満足に動くことも出来なくなります。
出産後は、ある程度自然な状態に骨盤は戻りますが、
出産前と全く同じ状態には、しっかりとしたケアを行わないと戻りにくく、
産後の腰痛や肩こりの原因、産後太りの原因になってしまうこともあります。
 
産後に骨盤矯正をすることで、むくみ、腰痛、疲れやすさなどの
産後の不調を改善することが出来ます。
また、骨盤が広がっている状態だと、内蔵が下がってしまって代謝が悪くなり、
出産後の体重が減らなかったり、便秘や冷え、むくみも起こりやすくなります。
 
こういった産後の疲れやすさや、むくみ、腰痛、疲れ、産後太りなどの
産後の不調で悩まないためにも、早めの産後骨盤ケアが大切ですflair
 

骨盤矯正について

  • 2017年6月20日
妊娠中の骨盤は女性ホルモンの影響で少しずつ広がっていきます。 
そして出産時に開き、産後は元の位置に戻ろうとしますが、 
この時、骨盤がスムーズに戻らない場合があります。 
開いたり歪んだりした状態になってしまうのです。 
すると骨盤周りに違和感を感じるようになります。 
具体的には、次の症状が現れます。
 
▼骨盤が不安定に感じる
▼お尻の痛み、尿もれ
▼恥骨・股関節の違和感
▼足のむくみ、指先のしびれ
▼体重が戻らない
▼ヒップサイズが上がったままになる
 
などと、開いたままの骨盤は、バランスの悪い状態です。 
身体の不調の原因にもなりやすいです。 
初産・経産婦さんを問わず、早めの骨盤矯正がおすすめです。
 

腰痛について

  • 2017年5月23日
90%以上の人が右利きで、左足を軸足とし、右足を動かして、 左回転を中心とした動きをしています。
日常の生活、仕事、スポーツで同じ動作を繰り返し行っているため、体は一定のパターンで歪み続けています。
 2本の足で体を支えている人間の腰には、大きな負担がかかっているのです。
 
その負担のために腰の関節が歪み、筋肉、靭帯に負担をかけ腰痛が起こります。
ほとんどの腰の痛みの原因は、骨や関節の歪みからくるもので、
それ以外にも内蔵の病気やヘルニア、靭帯が骨化又は肥大したり骨棘の神経圧迫などが
原因となって起こるものもあります。 
 
主な痛みのメカニズムとしては、悪い姿勢などで筋肉が過度に緊張すると血管が収縮します。
すると血液の流れが悪くなり、筋・細胞に届くはずの酸素や栄養が届かなくなり、
結果、筋・細胞が酸欠、栄養不足状態になりその状態が脳に伝えられ痛みとなっていきます。 
 
腰痛は検査をすれば、痛みの原因となっている 背骨、椎間板、骨盤等の異常がはっきりと分かります。
そしてそれらを正常な状態に戻す事で腰痛を改善していくことができます。 
 
腰痛のお悩みやご相談はみつけファミリー接骨院までご連絡くださいclover

骨盤矯正について

  • 2017年5月22日
産後、こんな事にお悩みではありませんか?
産後の腰痛がひどい…
出産後にお尻が大きくなった…
恥骨痛・股関節痛に悩んでいる…
産後の尿漏れが気になる...
産後太り...
 
お悩みの方、産後の骨盤をしっかりと矯正いたします。
産後は出産の喜びとは裏腹に、心身共に疲れてストレスを抱えがちです。
育児の忙しさから自分のことはおろそかになってしまいがちですが、
骨盤を整えることで美しくなれる、せっかくのチャンスを逃さないでください。
産後の骨盤は歪みやすい時期だからこそ、正しい位置にもどりやすいのです。
産後の骨盤矯正のお悩みやご相談はみつけファミリーまでご連絡くださいclover

骨盤矯正について

  • 2017年5月16日
産後ひらいた骨盤は、半年ほどかけて戻っていきますが、
特に骨盤を支える靭帯が緩んでいる産後1~2か月の間に、
横座りや悪い姿勢、骨盤バンドの未使用や産後早期の離床などが重なると綺麗に戻ることはできません。
そうして歪んだ状態で安定してしまうと腰痛や恥骨の痛み、
背中の痛み、肩こりを起こしやすくなったり、
左右の脚の長さが違う、猫背、姿勢が悪くなるなどの問題が起こりやすくなります。
 
また開いた状態のままにしてしまうとおしりが大きくなったり、
支えがないことで内臓が下がって下半身太りの原因になるなど、
美容的な問題もおこってしまいます。
 
こういったマイナス要素を防ぐためにも、しっかりと骨盤を安定させ 
バランスを整えることが大切です。
骨盤矯正のお悩みやご相談はみつけファミリーまで
ご連絡くださいclover

骨盤矯正について

  • 2017年4月27日
人間は、骨盤という土台の上に「せぼね」が積み木のようにのっています。 
それらの骨を筋肉で支えています。
「せぼね」がねじれたりズレたりすると支えている筋肉にストレスがかかり、
凝りや血行の循環が悪くなります。
 
さらにストレスが強くなると痛みや背骨から出ている神経を圧迫して
「しびれ」を引き起こしたり、内蔵の機能低下をまねくこともあります。 
なので、私たちは正しい姿勢で生活することが必要とされています。
 
骨盤矯正には、女性に嬉しい美容効果もあります
①肩こり・腰痛解消
 崩れていた重心が整うことでき、筋肉への負担が減ります。
 負担がなくなると、痛みやコリガ緩和、改善されます。
 
②ダイエット効果
 血液やリンパの流れが良くなり、代謝がUP!!
 脂肪のつきにくい体になります。
 
③O脚改善
 O脚の原因の大半は姿勢不良や体のバランスの乱れ。
 体のバランスが整うことでO脚も改善されます!
 
 
骨盤矯正のお悩みやご相談はみつけファミリー接骨院まで
ご連絡くださいclover
 

労災保険について

  • 2017年4月20日

労災保険治療とは、業務上の事、通勤中の災害により生じた

怪我・痛みを労働者災害補償保険(労災保険)の適用で行う治療のことです。

 

労災保険は、原則として労働者を一人でも使用する事業は強制適用事業とされます。

 

仕事中にケガや交通事故に合わられた方、時間が経てば痛みがなくなると思っていませんか?

悪化する可能性が高いです。

業務中や通勤中のケガ、労災保険が使えます!!

 

労災保険治療とは?

仕事中や通勤中にケガをした場合に労災保険適用で行う治療のことです。

軽度、重度のケガの関係はなく、業務中や通勤中に負ったケガは一部の例外を除いて労働災害となります。

※只し、労災認定は労基署が判断いたしますので、お勤め先にご確認ください。

 

労災のお悩みやご相談はみつけファミリー接骨院まで

ご連絡くださいclover


交通事故治療について

  • 2017年3月28日
当院は交通事故治療も得意としています。
交通事故にあったが、その時点では特に痛みもなく、
病院などに行かず放っておいたりしていませんか? 
交通事故特有の症状は事故にあわれた直後は痛みを感じず、
後々になり突然痛みを感じることが多くあります。 
交通事故による症状(むち打ち、腰痛、肩こり、手足の障害、痛み、だるさ、不快感 ) 
に悩まれている方は多いと思います。  
最初に皆さんが一般的に訪れるのは整形外科だと思います。
しかし整形外科ではシップを貼ってもらったり内服薬を処方される
だけで、なかなか痛みが引かない、といった悩み、不安を抱かれると思います。 
交通事故での治療は他の治療と異なり、事故による治療費用の請求、
加害者への対応、損害賠償、後遺症認定など
さまざまな対応をしなければいけません。
これらを解決するためには専門知識のある人に相談するのが
一番です。 
ただ、なかなか専門知識のある方がそばにいないのも実情です。
 
そこで、当院では、治療だけでなく事故後の対応のサポートもさせていただきます。 
みつけファミリー接骨院ではそんな悩みを抱えている患者さんをお助けいたします。
 
みつけファミリー接骨院clover

腰、肩について

  • 2017年3月27日
腰痛のひどい方、肩こりのひどい方、姿勢が悪い方、
骨盤や背骨が歪んでいる可能性があります。
歪みを正して、腰痛や肩こりの根本から治しませんか?('ω')
 
人間の身体は、骨盤という土台の上に背骨が積み木のようにのっています。
 
『背骨』がねじれたり、ずれたりすると、支えている筋肉にストレスがかかり、
凝りがおきたり血液の循環が悪くなるなど、神経を圧迫して「しびれ」を引き起こしたり、
内臓の機能低下を招くこともあります。
 
背骨のねじれや歪みは、日常の生活動作や職場での姿勢が癖になり、
その癖が背骨の歪みの原因となることが多いです。
 
骨盤や背骨の歪みは矯正により正常に戻りますが、
骨が弱かったり筋肉の弱い方は、ストレスや不自然な姿勢、
長い時間同じ姿勢をしていると、再び、悪い癖がつきます。
そこで「歪み」を予防するためには、筋肉強化の運動やバランスのとれた栄養、
そして十分な睡眠が必要となります。
また積極的に「背骨・骨盤」の矯正を受けられることが健康につながり予防へとつながります。
 
腰痛、肩こりのご相談はみつけファミリー接骨院まで
ご連絡くださいtelephone
 
 
みつけファミリー接骨院clover

前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11