ホーム > ブログ

ストレートネックについて

  • 2018年8月 9日

ストレートネック

パソコンやスマホに長時間同じ姿勢(とくに下きの姿勢)で向かっていると、首の頸椎のカーブがなくなり、ストレートネックになりやすくなります。これは肩こり、背中の痛み、頭痛、目の奥の痛みなど、様々な不快感を生む原因となります。また、めまい、フワつく、吐き気、寝つきが悪い、眠っても途中で目が覚める、不眠、疲れが取れないなど不快な症状を併発することがよくあります。

パソコンもスマホも、今や私たちの生活にとっては必需品。しかし、スマホを使い続けることで、姿勢が悪くなり、首・肩、背中の痛みが出ている方がとても増えているのです。

私もこの数年間で、患者さんの症状の変化に驚きを感じていました。
今までは決して多くなかった、「スマホ首症候群」の方が急増しているからです。


産後の骨盤矯正について

  • 2018年7月30日

女性の骨盤が最大に開くのは、分娩時です。その後、数カ月をかけて骨盤は左右交互に少しずつ閉じていきます。骨盤矯正とはこの骨盤が戻る動きを正しい向きと位置へと誘導するためのものです。つまり、骨盤矯正は自然な動きをサポートする役割があるのです。

しかし実はそれだけではなく、産後の骨盤矯正には次のようなメリットもあります。

実は出産後のこの時期は、骨盤を支えている靭帯が柔らかくゆるみ、骨盤が矯正しやすい状態になっているため、むしろ妊娠前よりも歪みの少ない状態に矯正できるチャンスでもあります。

きれいなボディラインを取り戻すことはもちろん、上手に骨盤矯正を行えば、以前よりも骨盤の状態を改善させることも可能です。そうなれば、以前よりも太りづらい体質に変わったり、腰痛や肩こりの解消につながったりすることもあり得るわけです。


骨盤矯正について

  • 2018年7月24日

骨盤矯正ダイエットと聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

骨盤ダイエットとも言われていますね。

ですが骨盤矯正ダイエットとはなんだ?骨盤を戻すだけでどうなるんだ?など疑問を持つ方もいると思います。

そこで骨盤矯正ダイエットについて紹介させていただきます。

骨盤の歪みが原因でぽっこりお腹になってしまったり太りやすい体質になってしまう事があります。

骨盤が歪んでしまう事で内臓やお肉の位置が変わってしまったり、上手く筋肉を使う事が出来ないという事にもなり太りやすい、太って見えるなどの原因に繋がってしまいます。

 

そこで骨盤の歪みを戻し、内臓やお肉の位置を正しい位置に戻してあげるというのが骨盤矯正です。

そうする事でぽっこりお腹や体質の改善になりダイエット効果が期待できます。

見た目だけではなく身体に様々な悪影響を及ぼす骨盤の歪み。

肩凝り、冷え性、浮腫み、腰痛などを引き起こす事もあるんです。

なので、骨盤矯正ダイエットとは健康面にも効果的な方法といえます。

まずは、お気軽にご相談ください。。

 


腰痛について

  • 2018年7月 4日

腰痛を訴える人の率は最も高く、全人口では約10人に1人、65歳以上では約5人に1人が腰痛を自覚しています。

受診される患者の中で最も訴えの多い症状が腰痛です。

腰痛が起こる病気はたくさんあり、内臓の病気でも腰痛が起こることがありますが、腰椎(体を支える腰骨)またはその周辺の組織・筋肉や神経に何らかの異常がおきている場合がほとんどです。


腰痛は幅広くあらゆる世代に見られますが、年代によっても原因に特徴があります。

腰痛は突然起こったものなのか(急性腰痛)、いつの間にか始まって長く続いているものなのか(慢性腰痛)に大きく分けられます。慢性腰痛はひとくくりに「腰痛症」と呼ばれることもありますが、原因がわかればそれぞれの病名がつけられ、治療方針に沿って治療を進めていくことができます。
もうひとつ非常に重要なことがあります。腰だけが痛いのか、あるいは腰から響くような痛み(放散痛)や腰以外のおしりや太もも・脚の痛みやしびれも同時に出現していないかということです。腰骨の中には神経が通っており、それが分かれて脚の運動や感覚をつかさどります。腰椎の病気で神経を圧迫すると、脚が悪くないのに脚の痛みやしびれが出現することがあります。

 

治療が遅れると回復が難しくなる場合がありますので、お気軽にご相談ください。


肩こりについて

  • 2018年6月29日

全身の筋肉は、「交感神経」「副交感神経」という2種類の自律神経にて収縮・弛緩します。

「交感神経」は興奮したり緊張させたりする神経で筋肉を収縮させ、

「副交感神経」はリラックスしたり眠っているときに優位になる神経で、筋肉を弛緩させるはたらきがあります。

ストレスのない状態であれば、これらの自律神経がバランスよくはたらくため、肩こりはおこりにくいのですが、

ここにストレスが加わると「交感神経」が優位になります。

そのため、筋肉を緊張・収縮させるはたらきが強くなり、肩の筋肉が収縮して肩こりがおこるとされています。


産後の骨盤矯正について

  • 2018年6月28日

こんにちは。

今回は、産後の骨盤矯正についての記事を書きます。

女性で悩みによくあがるのが「産後の骨盤矯正」です。
色々な痛みや違和感に困っているお母さんは多いと思います。

 

産後に骨盤が歪む原因は?

産後に骨盤が歪む、広がる要因は、以下の通りです。

・産道を広げるために骨盤周辺の結合が緩くなる。

・約3㎏の胎児が胎盤にいるので骨盤に大きな負荷がかかる。

・妊娠中はお腹に胎児がいるので横向きに寝ることが多くなる。

・妊娠中はお腹が大きくなると後ろに傾いた体勢が多くなる。

・産後、赤ちゃんを寝かせつける時にいつも同じ方向を向いて寝てしまう。

上記の要因から骨盤だけではなく、背骨、肋骨など様々な部分で歪みが生じます。
放っておくと姿勢はどんどん悪くなり、身体のあちこちに痛みが出る悪循環に陥ってしまいます。

産後の骨盤矯正を放置するのは避けましょう。
何もしないで出産前の身体に戻ることはありません。

育児や仕事に復帰しても疲れやすくなったり、痛みが出やすくなり、数年後にはヘルニアなどの重篤な症状になってしまう事もあります。

 

骨盤矯正のメリットは?

産後に骨盤矯正を行うメリットは以下のようなものがあげられます。

・腰痛や肩こり、ヒザの痛みが改善する

・ぽっこり出ているお腹が改善される

・歩き方が良くなる

・下半身太りが改善する

・お通じがよくなる

 

産後の骨盤矯正はいつから始めたらいいのか?

出産直後は、骨盤がゆるくダメージを受けやすい状態になっています。産後に行う1ヶ月健診で体に異常がないことが確認できてから施術を受けるのが望ましいと思います。産後半年までは、骨盤が元に戻りやすいので、その間(産後2~6ヶ月)に受けることをお勧めします。

出産は、お母さんが命がけで新たな命を生むので身体に大きな負荷がかかって当たり前です。
そんな負荷に耐えられる女性の身体は本当に強いですが、身体のメンテナンスも非常に大切です。

みつけファミリー接骨院では、産後の骨盤矯正に時間をかけてしっかりと体を整えていきます。

また、赤ちゃんも一緒に来院できるようキッズルームを用意していますのでご安心ください。

現在の症状を分かりやすく説明し、歪み・違和感・痛みの根本から治療します。
5年後、10年後、20年後、30年後も健康な身体で日常生活をおくれるお手伝いができればと思います。


骨盤整体について

  • 2018年6月15日

骨盤は腸や内臓、子宮を包み込むような形になっていてそれらを保護する役割があります。

そのため、骨盤には強靭な靭帯や筋肉により補強され頑丈なつくりになっているので

大きくズレるという事はありませんが、

出産をスムーズに行うように妊娠中は「リラキシン」というホルモンが分泌され靭帯や関節を

緩め産道を拡げ赤ちゃんの通り道をつくります。

妊娠は10ヶ月程かけて身体を変化させていき、出産後は骨盤がゆがみ、

筋力も低下し固くなっていると矯正してもすぐに元の位置に引っ張って戻ろうとしてしまいます。

出産という大仕事を終えた身体はさまざま症状が現れやすいです。
妊娠中、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれ「反り腰」になりやすく

骨盤を前に傾けた姿勢になるため腰への負担がかなりかかりやすくなります。

その他にも骨盤が広がって見えたり、お尻の筋肉に力が入りにくいので垂れて見えたりしてしまいます。

日常生活でも「横座り」をする人も多いと思います。
この姿勢は股関節が捻れ骨盤の片側に重心が乗るので骨盤、股関節と負担が大きくなってしまいます。

悪い姿勢を何ヶ月も続いてしまう事で習慣化してしまうことで筋肉が衰えて固くなり流れが悪くなると

身体に不調が出てしまうのです。

骨盤のゆがみがあるとさまざまな症状がでてきます。
特に、産後の方で出やすいのが
むくみ、便秘、尿もれ、生理不順、冷え性、腰痛、肩こり、ひざ痛、股関節痛、

尾骨痛、恥骨痛、自律神経のみだれ、疲れやすい、睡眠の質の低下、肌荒れ

これらの症状は、骨盤のゆがみからその周囲の血流が悪くなったり

内臓が下に下がり代謝が落ちてしまい太りやすくなり体型が変わってしまうこともあります。

また、筋肉が固くなり神経を圧迫してしまったりして坐骨神経痛などが現れてしまいます。

産後骨盤矯正のお悩みやご相談はみつけファミリー接骨院までご連絡くださいclover


骨盤整体について

  • 2018年6月15日

骨盤の中には(女性の場合)婦人科系・消化器系などの内臓が入っています。

骨盤が歪むことにより、内臓が入っているお部屋が狭くなったり、位置がズレたり、

圧迫を受けて働きが悪くなることで、婦人科系の不調や不快な症状が出やすくなってしまいます。


特に骨盤が歪み、悪い姿勢で食事をすると、内臓の位置がズレるため、脳への伝達が正しく行われなくなり、

結果、満腹中枢の機能が悪くなり、食べ過ぎた後から満腹感を感じたりと、暴飲暴食してしまいます。


また、骨盤周りには身体の60%程の筋肉が集まっています。
姿勢が良くなり、正しく筋肉を使えるようになることで代謝が上がり、痩せやすい身体になります!

骨盤矯正のお悩みや相談はみつけファミリー接骨院までご連絡くださいclover


  • 2018年4月18日

 みつけファミリー接骨院・整体院では産後骨盤矯正2ヶ月後からをオススメしております。ただし、出産後の腰の痛みや恥骨の痛み、股関節の痛みなど施術が必要な症状に関しましては、出産直後からでも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

出産後半年以内が効果が出やすいですが、出産後何十年と経過していても、出産後からお身体の調子が悪いという方にはおススメの矯正です。その方その方お1人お1人の骨盤の状態に合わせて、生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

通っておられる方皆さんお子様連れで来院されています。

子供好きなスタッフばかりですので、安心して来てください。

小さな乳幼児の方には、バウンサー、抱っこヒモなどご用意をしています。 小スペースですがキッズスペースがあります。

詳しくは、お気軽にお尋ねください。

骨盤のゆがみや、ゆるんで開いてしまった骨盤をその場で改善することは可能ですが、

座り方や荷物の持ち方などのクセを直さなければ、やがては元通りの骨盤に戻ってしまいます。

そのためみつけファミリー接骨院では楽らくトレーニングにてインナーマッスルトレーニングをお勧めしております。戻りにくい骨盤矯正をいたします。


 

mama.PNG


産後の骨盤矯正について

  • 2018年4月10日

女性の骨盤は男性と違い、丸みがあり出産できるように元々開く動きをします。

そのため広がったりゆがみやすいのです。

原因としては普段の座り方や姿勢などの生活習慣、または出産などによって開きやすくなります。

それによって内臓が下がってしまうためくびれはなくなり下腹が出やすくなり、垂れ尻やお尻が大きく見えたり、О脚や下半身太りなど、元の体型に戻らなくなり太りやすくなり痩せにくくなってしまいます。

骨盤矯正により正しい位置に整えて、お尻まわり・ウエスト・脚をスッキリさせていきます。

骨盤のゆがみや開きは、単に美しいシルエットを崩すだけでなく、

下半身の血行と代謝を悪化させるてめ、むくみや冷え性・生理痛・生理不順・不妊といった原因になりやすいのです。 



産後の方は、個人差はございますが2ヶ月位後から骨盤矯正が可能となります。

出産の後は特に骨盤が広がり、体型の崩れになります。

骨盤の筋肉が弱くなりウエストや骨盤まわりに脂肪がつきやすく、大きなお尻や、下半身太りの原因にもなります。

 

 骨盤矯正のお悩みやご相談はみつけファミリー接骨院までご連絡ください。


前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11