ホーム > ブログ > 骨盤矯正について

産後の骨盤矯正について

  • 2019年3月 2日

誰もが気になる産後の広がった骨盤。しかし、意外にも実際に産後に骨盤矯正をしたというママは少ないようです。

骨盤を戻すことの必要性、またその時期や正しいやり方などをご紹介します。

産後に骨盤矯正が必要な3つの理由

お腹・骨盤あたりに手を添える

 

理由1.妊娠・出産によって骨盤がゆるゆるに開いている

妊娠すると「リラキシン」というホルモンの影響で靭帯がゆるみ骨盤が開きやすくなります。また、分娩の際に赤ちゃんが産道を通ることで骨盤が広がります。

 

出産で広がった骨盤はある程度自然に元に戻りますが、1~3ヶ月ぐらいはゆるんだ状態が続きます。

 

◇分娩方法によって骨盤の戻りに違いが出る

なお、赤ちゃんが産道を通る経膣分娩の場合は、骨盤が最大に開いた状態になります。しかし、体が出産を感知するため、骨盤が自然と閉じやすいともいわれています。

 

一方で、帝王切開は分娩時の骨盤の広がりはないものの、体が出産を感知しにくく、骨盤が自然と戻りにくいので骨盤ケアが大切です。

 

理由2.骨盤が自然に戻る際に日常の姿勢・生活習慣で歪んでしまう

妊娠~出産にかけて開いた骨盤は徐々に元の状態に戻ろうとしますが、このとき、もともとの姿勢や生活習慣によって、骨盤が歪んでしまうことがあります。

 

例えば、足を組む、横座りをする、割り座(ぺたんこ座り)をする、猫背、片足に体重をかける立ち方、反り腰などの習慣を持っていると、骨盤が正しい場所に戻らず、その後の不調を引き起こす原因となるかもしれません。

 

理骨盤がゆがむと体型崩れ・体の不調などの弊害が出る

骨盤が正しい位置に戻らない場合、骨盤周辺の血行が日常的に滞ってしまうことになります。

代謝がうまくいかず下腹部が太ったり、体型が元に戻らなくなったりします。産後ダイエットがどれだけ進むかにも影響を与えます。

そのほか骨盤の歪みは、肩凝り、冷え性、腰痛、不妊、更年期障害といった健康にもかかわってきます。

 


産後の骨盤矯正

  • 2019年1月28日

妊娠中の女性の体は、リラキシンというホルモンの分泌により骨盤が緩められます。

しかしながら、リラキシンにより妊娠中に広げられた骨盤、骨盤の広がりにより同時に伸ばされてしまったお腹の皮や骨盤を支えている周辺の靭帯、姿勢を保つ役割を果たす骨盤内臓筋などを含むインナーマッスルは、妊娠中から出産後、骨盤のゆがみを引き起こす原因になることもあります。

普通分娩の場合、お腹の中の赤ちゃんは骨盤の恥骨を広げながら、産道を通って出てくるため、産後の女性の体は、ケガをした時と同じような状態になります。

本来なら、ケガをした後は安静にする必要がありますが、産後のママは育児や家事に追われ、ゆっくりと身体を休めることも難しい環境であることも少なくありません。また、産後、身体が十分に回復していない状態で日常生活を送ることは、さらなる身体へのダメージにも繋がります。

産後腰痛発生!腰痛の原因には様々な要因が挙げられますが、出産前や出産直後からの痛みを感じたり、産後1年以上経ってから、急に症状が現れることもあります。骨盤が不安定な状態だったり、骨盤周辺の筋肉が出産によって弱くなり、腰痛を引き起こしていることもあります。骨盤の広がりが原因で、骨盤内や骨盤周辺の筋力が低下したことにより、骨盤を支える事が困難になり、股関節の負担が増え痛みをおこします。冷え性・尿漏れ・歩行障害なども引き起こすことがあります。

 


骨盤矯正について

  • 2018年12月 6日

骨盤は体の中心なので骨盤を矯正することで全身へのメリットがあります。

骨盤の歪みを治し、歪むくせを治すことで肩こりや腰痛を起こしにくくします。

骨盤が本来の位置に戻ることにより、内臓への負担が減ることで、本来持っている

働きが良くなります。それにより体の調子が良くなります。

血管やリンパを圧迫することもなくなるので、血行がよくなり疲れにくくなります。

体温が上昇することで風邪を引きにくく、肌の調子を整えることができます。

リンパが改善されると、むくみ改善もされます。

骨盤矯正をすることによって、たくさんのメリットがあります!

骨盤矯正気になっている方、ぜひお気軽にご相談下さい。みつけファミリー接骨院

 


骨盤矯正について

  • 2018年9月10日

骨盤についてお話いたします

骨盤の中には大事な内臓や生殖器があって骨盤はこれらを支えて守っています。これだけでも骨盤がいかに大事な骨なのか

お分かり頂けるでしょう。骨盤が歪んでしまうと内臓や臓器が重力によって正しい位置より下に下がってしまいます。

つまり骨盤が歪むことで自立神経が乱れ、全身の血行が悪くなる他、肥満の原因にもなります。

骨盤は体の中心に位置していて脊柱につながっています。

骨盤が歪んでしまって正しい位置からずれると、脊柱等のバランスが崩れてしまい、体重のかかり方が不安定になってしまいます。

この結果、肩こりや腰痛といった慢性的な症状が現れます。

体のバランスはとっても大事なのです。

 

骨盤矯正をやってみたい、気になっているというかた!

ぜひ一度みつけファミリー接骨院へお気軽にご相談ください。

そこで骨盤を歪みが矯正できるだけで、美容だけでなく、健康にもつながります!


骨盤矯正について

  • 2018年8月31日

骨盤矯正は『みつけファミリー接骨院』の

メイン治療です。背骨や骨盤のズレや歪みを根本から整えます。

治療直後から体の変化や痛みの改善を実感していただいています。


体の中心を担う背骨と、それを支る土台の骨盤がゆがむと、あらゆる筋肉に負担がかります。その負担は、腰痛、肩こり、膝痛などさまざまな痛みの原因となり、負の連鎖を引き起こします。

また、骨盤が開いたり傾くいたりすると、骨盤と筋肉の間に隙間ができ、内臓がすっぽりとその隙間に落ちてしまいます。それが、ポッコリお腹や、下半身太りの原因となるのです。

内臓が正しい位置で機能しないと、血液循環や代謝が悪くなり、ますます肩こりや、腰痛がひどくなるという悪循環を繰り返します。

体の歪みやねじれをとる事で、肩こりや腰痛などからも解放されます。姿勢がよくなり、猫背や眼精疲労。からも解放されたと嬉しいお声もいただいています。

ぜひ一度みつけファミリー接骨院にご相談下さい。


産後の骨盤矯正について

  • 2018年7月30日

女性の骨盤が最大に開くのは、分娩時です。その後、数カ月をかけて骨盤は左右交互に少しずつ閉じていきます。骨盤矯正とはこの骨盤が戻る動きを正しい向きと位置へと誘導するためのものです。つまり、骨盤矯正は自然な動きをサポートする役割があるのです。

しかし実はそれだけではなく、産後の骨盤矯正には次のようなメリットもあります。

実は出産後のこの時期は、骨盤を支えている靭帯が柔らかくゆるみ、骨盤が矯正しやすい状態になっているため、むしろ妊娠前よりも歪みの少ない状態に矯正できるチャンスでもあります。

きれいなボディラインを取り戻すことはもちろん、上手に骨盤矯正を行えば、以前よりも骨盤の状態を改善させることも可能です。そうなれば、以前よりも太りづらい体質に変わったり、腰痛や肩こりの解消につながったりすることもあり得るわけです。


骨盤矯正について

  • 2018年7月24日

骨盤矯正ダイエットと聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

骨盤ダイエットとも言われていますね。

ですが骨盤矯正ダイエットとはなんだ?骨盤を戻すだけでどうなるんだ?など疑問を持つ方もいると思います。

そこで骨盤矯正ダイエットについて紹介させていただきます。

骨盤の歪みが原因でぽっこりお腹になってしまったり太りやすい体質になってしまう事があります。

骨盤が歪んでしまう事で内臓やお肉の位置が変わってしまったり、上手く筋肉を使う事が出来ないという事にもなり太りやすい、太って見えるなどの原因に繋がってしまいます。

 

そこで骨盤の歪みを戻し、内臓やお肉の位置を正しい位置に戻してあげるというのが骨盤矯正です。

そうする事でぽっこりお腹や体質の改善になりダイエット効果が期待できます。

見た目だけではなく身体に様々な悪影響を及ぼす骨盤の歪み。

肩凝り、冷え性、浮腫み、腰痛などを引き起こす事もあるんです。

なので、骨盤矯正ダイエットとは健康面にも効果的な方法といえます。

まずは、お気軽にご相談ください。。

 


産後の骨盤矯正について

  • 2018年6月28日

こんにちは。

今回は、産後の骨盤矯正についての記事を書きます。

女性で悩みによくあがるのが「産後の骨盤矯正」です。
色々な痛みや違和感に困っているお母さんは多いと思います。

 

産後に骨盤が歪む原因は?

産後に骨盤が歪む、広がる要因は、以下の通りです。

・産道を広げるために骨盤周辺の結合が緩くなる。

・約3㎏の胎児が胎盤にいるので骨盤に大きな負荷がかかる。

・妊娠中はお腹に胎児がいるので横向きに寝ることが多くなる。

・妊娠中はお腹が大きくなると後ろに傾いた体勢が多くなる。

・産後、赤ちゃんを寝かせつける時にいつも同じ方向を向いて寝てしまう。

上記の要因から骨盤だけではなく、背骨、肋骨など様々な部分で歪みが生じます。
放っておくと姿勢はどんどん悪くなり、身体のあちこちに痛みが出る悪循環に陥ってしまいます。

産後の骨盤矯正を放置するのは避けましょう。
何もしないで出産前の身体に戻ることはありません。

育児や仕事に復帰しても疲れやすくなったり、痛みが出やすくなり、数年後にはヘルニアなどの重篤な症状になってしまう事もあります。

 

骨盤矯正のメリットは?

産後に骨盤矯正を行うメリットは以下のようなものがあげられます。

・腰痛や肩こり、ヒザの痛みが改善する

・ぽっこり出ているお腹が改善される

・歩き方が良くなる

・下半身太りが改善する

・お通じがよくなる

 

産後の骨盤矯正はいつから始めたらいいのか?

出産直後は、骨盤がゆるくダメージを受けやすい状態になっています。産後に行う1ヶ月健診で体に異常がないことが確認できてから施術を受けるのが望ましいと思います。産後半年までは、骨盤が元に戻りやすいので、その間(産後2~6ヶ月)に受けることをお勧めします。

出産は、お母さんが命がけで新たな命を生むので身体に大きな負荷がかかって当たり前です。
そんな負荷に耐えられる女性の身体は本当に強いですが、身体のメンテナンスも非常に大切です。

みつけファミリー接骨院では、産後の骨盤矯正に時間をかけてしっかりと体を整えていきます。

また、赤ちゃんも一緒に来院できるようキッズルームを用意していますのでご安心ください。

現在の症状を分かりやすく説明し、歪み・違和感・痛みの根本から治療します。
5年後、10年後、20年後、30年後も健康な身体で日常生活をおくれるお手伝いができればと思います。


骨盤整体について

  • 2018年6月15日

骨盤の中には(女性の場合)婦人科系・消化器系などの内臓が入っています。

骨盤が歪むことにより、内臓が入っているお部屋が狭くなったり、位置がズレたり、

圧迫を受けて働きが悪くなることで、婦人科系の不調や不快な症状が出やすくなってしまいます。


特に骨盤が歪み、悪い姿勢で食事をすると、内臓の位置がズレるため、脳への伝達が正しく行われなくなり、

結果、満腹中枢の機能が悪くなり、食べ過ぎた後から満腹感を感じたりと、暴飲暴食してしまいます。


また、骨盤周りには身体の60%程の筋肉が集まっています。
姿勢が良くなり、正しく筋肉を使えるようになることで代謝が上がり、痩せやすい身体になります!

骨盤矯正のお悩みや相談はみつけファミリー接骨院までご連絡くださいclover


  • 2018年4月18日

 みつけファミリー接骨院・整体院では産後骨盤矯正2ヶ月後からをオススメしております。ただし、出産後の腰の痛みや恥骨の痛み、股関節の痛みなど施術が必要な症状に関しましては、出産直後からでも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

出産後半年以内が効果が出やすいですが、出産後何十年と経過していても、出産後からお身体の調子が悪いという方にはおススメの矯正です。その方その方お1人お1人の骨盤の状態に合わせて、生活習慣のアドバイスをさせていただきます。

通っておられる方皆さんお子様連れで来院されています。

子供好きなスタッフばかりですので、安心して来てください。

小さな乳幼児の方には、バウンサー、抱っこヒモなどご用意をしています。 小スペースですがキッズスペースがあります。

詳しくは、お気軽にお尋ねください。

骨盤のゆがみや、ゆるんで開いてしまった骨盤をその場で改善することは可能ですが、

座り方や荷物の持ち方などのクセを直さなければ、やがては元通りの骨盤に戻ってしまいます。

そのためみつけファミリー接骨院では楽らくトレーニングにてインナーマッスルトレーニングをお勧めしております。戻りにくい骨盤矯正をいたします。


 

mama.PNG


1  2  3  4  5