ホーム > ブログ > 骨盤矯正について > 産後の骨盤矯正について

産後の骨盤矯正について

  • 2018年4月10日

女性の骨盤は男性と違い、丸みがあり出産できるように元々開く動きをします。

そのため広がったりゆがみやすいのです。

原因としては普段の座り方や姿勢などの生活習慣、または出産などによって開きやすくなります。

それによって内臓が下がってしまうためくびれはなくなり下腹が出やすくなり、垂れ尻やお尻が大きく見えたり、О脚や下半身太りなど、元の体型に戻らなくなり太りやすくなり痩せにくくなってしまいます。

骨盤矯正により正しい位置に整えて、お尻まわり・ウエスト・脚をスッキリさせていきます。

骨盤のゆがみや開きは、単に美しいシルエットを崩すだけでなく、

下半身の血行と代謝を悪化させるてめ、むくみや冷え性・生理痛・生理不順・不妊といった原因になりやすいのです。 



産後の方は、個人差はございますが2ヶ月位後から骨盤矯正が可能となります。

出産の後は特に骨盤が広がり、体型の崩れになります。

骨盤の筋肉が弱くなりウエストや骨盤まわりに脂肪がつきやすく、大きなお尻や、下半身太りの原因にもなります。

 

 骨盤矯正のお悩みやご相談はみつけファミリー接骨院までご連絡ください。